車買取 下取り

概算の段階で
愛車を最も高い評価をしてくれるのは
車買取店と言えます。

正直、ディーラーの下取りは
かなり安い概算結果となります。

その差は、車種にもよりますが
平均で約17万円と言われてます。
※5万円~50万円程度開きがあります。

その理由は
車買取店とディーラーの販路の違いが大きいです。

車買取店の場合
買取した車を
➡オートオークション
あるいは
➡海外に販売します。
※在庫リスクがない。

ディーラーの場合
➡系列の販売店で国内で販売します。
※在庫リスクがある。

そのため、概算の段階で
上記のような違いが大きな価格差
がでます。

とはいえ、
車買取の場合
いろいろ手続きが面倒・・・。
といった方もいらっしゃると思います。
そのため、新車への車の買い替えの際
ディーラーへの「下取り」
を選択される方
も多いかと思われます。

そこでおすすめなのが
『車買取店の概算価格』を
ディーラーの営業マンにみせて
新車購入の値引き交渉の道具にする手
もあります。
※できれば査定額の方が望ましいです。

概算価格及び車買取額を調べるには
複数の車買取店のリアル情報
を知ると良いでしょう。

そういった際に便利なのが
車一括査定』です。

下記でおすすめな『車一括査定』を
ランキング形式で紹介してますのでご参考ください。

車買取 概算


一例で書きますと
ディーラーの下取りは
10年超えの車は「0円査定」
最悪、処分費用をとられます。

車買取店では査定額がつく場合もあります。
その分を値引き交渉に充てる手もあります。

特に、新型車などの場合
ほとんど値引きは不可能
でしょう。

ですが、上記の方法であれば
ディーラーへの値引き交渉も可能となります。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|